様々な業務を効率化する戦略的なアウトソーシングサービス

遠隔特定保健指導サービス

サービスの概要

日本ATM健康サポートセンターにおいて、ICTを活用した遠隔の特定保健指導サービスを行います。
特定健診受診当日の初回指導から、2回目以降の指導、参加勧奨、終了時のフォローまでを実施することにより、特定保健指導の実施率/終了率の向上に貢献します。

サービスの特徴・導入効果

  • 特徴・導入効果1

    東京都栄養士会推薦・西村会長監修の指導プログラムによる特定保健指導

  • 特徴・導入効果2

    東京都栄養士会との提携による経験豊かな専門職(管理栄養士)の高度なサービスを継続的に提供

  • 特徴・導入効果3

    健診/医療機関へ特定保健指導サポート手数料を還元

  • 特徴・導入効果4

    参加者へいつでもどこでも参加できる環境を提供し、特定保健指導の実施率向上に寄与

公益社団法人東京都栄養士会 西村 一弘会長より推薦文

公益社団法人東京都栄養士会 会長

公益社団法人東京都栄養士会
西村 一弘 会長

以下の職務を兼任

  • 公益社団法人日本栄養士会 理事
  • 社会福祉法人緑風会緑風荘病院
    栄養室運営顧問
  • 駒沢女子大学
    人間健康学部 健康栄養学科 教授

効果的な特定保健指導で実施率の向上につなげる

国民の健康維持・増進と医療費適正化の観点から健康増進法に基づき、2008年より導入された特定健診・特定保健指導も2018年から第三期の見直し期間になりました。その最大の課題は実施率向上させることと言われています。

一人でも多くの国民が健康を意識し、生活習慣改善の必要性を理解するためには、的確なタイミングで専門職による介入を実施することが重要になります。
特定健診・特定保健指導をする工夫と、専門職の効果的な指導により、翌年以降の特定保健指導対象者を減らすことが実施率向上につながると考えられています。

三期見直しのポイントでもある初回面談の分割化を実施することは、より多くの国民を指導でき、面接方法を遠隔にすることは限られた人的資源の中での工夫として、指導効率を上げられます。また効果的な特定保健指導としては、専門職のスキルの向上も求められます。日本ATMは専門職への指導教育も、充実したサポートが可能になっています。

日本ATM健康サポートセンターは、東京都栄養士会の推薦を得た特定保健指導プログラムを用い、健診当日に初回面談(分割1回目)を遠隔(テレビ電話)で行うことで、特定保健指導実施率向上に寄与できると確信しております。